青山グループ

ブランド紹介

ロベルタ・ディ・カメリーノ
ロベルタ・ディ・カメリーノ

ロベルタ・ディ・カメリーノ

Concept

ブランド名「ロベルタ・ディ・カメリーノ」にはデザイナー、ジュリアーナ・カメリーノの美しい青春の思い出が込められている。「ロベルタ」というのは、彼女が少女時代に大好きだったフレッド・アステア主演1935年制作のハリウッド映画「Roberta」のイタリア語読み。彼女は自分のブランドをスタートさせることになった時、そのブランド名を大切な思い出の映画「Roberta」からとった。
「ロベルタ・ディ・カメリーノ」のシンボルといえばベルトがモチーフの「R」マ-クと赤、緑、紺の大胆な色使い。ジュリアーナが生まれ育ち、ヴェニスゆかりの3人の画家、ティツィア-ノ、ヴェロネ-ゼ、ティントレットの色使いに影響を受けている。この3色に彼女が初めて出会ったのは、同じヴェニスの有名な手織り職人ベビ・ラックワの工房でのこと。ベルベット素材ならではの深みのある発色に魅了された彼女はこれをバッグに使おうと思い付く。こうして誕生したバックルやその他の装飾をデザイン化し、ハンドメイドで織り込んだ「バゴンギ」と呼ばれる贅沢なバッグはモナコ王妃のグレース・ケリーをはじめ、世界中の女性の心をつかみ、「ロベルタ・ディ・カメリーノ」の名は世界的ブランドとして人々の心に刻み込まれることになる。

SNS
フェイスブック
ツイッター