青山グループ

ブランド紹介

VAN JACKET EYEWEAR
VAN JACKET EYEWEAR

VAN JACKET EYEWEAR

Concept

1948年に誕生し、60年代よりメンズファッションをリードしてきたブランド。
1950年代からアメリカンカルチャーを取り入れたコレクションを展開し、アメリカントラディショナルスタイルを日本に浸透させた第一人者。
60年代には「アイビールック」や「みゆき族」といった流行を生み出した。

"VAN JAC EYEWEAR"は、軽やかながらも品格のあるアイビールックに調和する、カジュアルになりすぎない「知的さが漂うアイウェア」をイメージして開発。
1960~70年代のメガネの玉型やデザインからインスパイアを受け、現代のファッションルックに刺激を与えるトラディショナルなデザインに仕立て上げました。

βチタンを使用した板バネのヒンジやテンプルを採用し、申し分のない機能性を発揮。
"MADE IN JAPAN"のクオリティで、カジュアルファッションに品格を与えます。

SNS
フェイスブック
ツイッター